虫むし俱楽部とは?

道志ベースいきもの部内の倶楽部で、養老の森や道志村の昆虫相を明らかにし、森の多様性を豊かにすることを考えていく上での基礎資料を構築することを目的にしています。あわせて、養老の森昆虫まめ博士認定観察会に参加し、多くの体験を培い、深めた内容をさらに発展、展開させる場を作り、養老の森づくりスタッフとして関われる人材育成をめざします。

活動内容について

養老の森を中心に、必要に応じ道志村内各所で昆虫類を観察、採集し、道志ベースキャビンで標本を作製、同定作業を行います。この成果は、2019年に発行した「山梨県道志村昆虫調査目録-養老の森を中心として-」の続編に反映します。さらに茅葺古民家近くにある展示室において、採集資料や写真で経過を紹介するような展示をいっしょに作成します。ネイチャーランド・オムキャンプ場の開設されている3月から11月の期間、毎月1回を基本として、昼間の10時から16時、7~9月は16時~21時に夜間灯火採集を実施します。

詳しくは2022年版チラシをご覧ください。